バラエティからハマったしゃけエイターのブログ

2015年5月から関ジャニ∞にハマった人のブログです

映画『泥棒役者』完成披露試写会レポ(※本編ネタバレなし)

f:id:shake_kr:20170922123001j:plain

映画の本編には触れず試写会のレポを

とりあえず自分の頭が覚えているうちに書く。映画の感想はまた別で書くので、本編には触れずに会場での出来事をかいつまんで。

 

昨日2017/9/21にゆりかもめ新豊洲駅」から徒歩3分の距離にある「豊洲PIT」で映画『泥棒役者』の完成披露試写会が行われ、横山担の同僚と私は同日昼過ぎに会場へと向かった。私は雑誌の招待枠で当選していて、もう座席番号まで決まってるんじゃ?と思っていたので「急がなくてもいっか」という考えで15時くらいから豊洲ららぽ内をまったり散策。本屋に寄って雑誌を立ち読みしたり、秋物の洋服をみていた。以前クロニクルで放送された「ファボられタイムライン」のロケ地だったし、きっとエイターさんがうじゃうじゃいるのでは?と思っていた予想とは裏腹に全く誰もいなくって、17時になったところで改めて会場へと向かったんだけどその行きしなにようやくたくさんのエイターさんたちとすれ違った。

後から分かったことだけど、結構早い時間からみんな並んでいたみたい。先着順ではないと思っていたのだけど、実際受付に行ってみると「一般受付枠分として用意されているのであろう座席指定券の束」の上から順に渡しているだけだったので、もっと早めに行っていたら席は前の方だったのかも。とはいえ(報道関係者を除いて)最前列〜はファンクラブ枠と推測できたので、そもそもFC以外の枠で当たっても後方なのは間違いなさそう。

 

開場を待っているとロケバスが!

チケットの引き換えを済ませたはいいけど周辺に時間を潰せる施設があるわけでもなく、会場前で待つことにした私たち。で、歩道のガードパイプに腰掛けて時間が過ぎるのを待っていたら、なんとロケバスがやって来たではないか!!全然意図してなかったけど入り待ちしてるみたいになってしまった。でも反射的にバスの中を見てしまったら、思いっきり宮川大輔さんが乗っているのが確認できて同僚と「今、大輔さん乗ってたね(笑)」って話した。

ロケバスには「1号車」「2号車」「3号車」と手書きのテープが貼ってあって、どこかで仕事を終えた演者さんみんなでまとまって来たのかな?って感じだった。今日、各ワイドショーでインタビュー映像を見た感じでは、丸ちゃんの衣装も同じだったし(唯一めざましでは赤のニットにお着替えしていたけど)メディアのインタビュー後に試写会の会場へ移動したのかなと思った。(もしくは試写会→インタビュー)

ちなみに今回は丸ちゃんがロケバスに乗っているのを確認できたわけじゃないけど、市村さんだけはロケバスに続いて入って来たタクシーで移動されてました。それを見て「この人は別なんだなぁ」と思った。

 

終始かわいかった丸ちゃん

試写会の様子はWEBメディアやワイドショーで報道された通り。ファンの呼びかけ後、舞台セットの一部の「金庫」から登場した丸ちゃんだったけど、あれ登場するまでに2分近くあったと思ったので(司会者さんがでてきて自己紹介→演者&監督呼び込み(7名)→のあとだった)結構前からスタンバイしていたんだなと思った(笑)でも、そこにいるなんて全然分からなかった!!

プロの記事でいうと、試写会の様子は他メディアが会場がどっと湧いたところだけをピックアップする中「映画ナタリー」さんは違うところもさらっと書かれていて割と詳しい内容になってるんじゃないかなと思った。なのでこちらを読めばだいたいの流れは把握できるかなと。。

でもユースケさんの自虐ネタ?も面白かったんだけど、そこは各社一切触れていないというw

 

試写会の流れ:

司会者登場→ゲスト登場(市村さん〜監督 計7名。1人1つずつ映画のロゴ入りマイクを持っていて、登場時に「こんばんは〜!」とか一言コメント)→丸ちゃんはファンの掛け声とともに金庫から登場→会場めっちゃ沸く→一旦フラッシュをたいての撮影が制限→司会者の質問にゲストが回答(映画が完成してのコメントや「泥棒」にちなんで自分が盗みたいもの、撮影秘話など。20分くらいしゃべってた?)→カンペで「OK」がでているのにまだまだ進行する司会者(大輔さんが「カンペでOKて出てるから俺振られへんと思ってて回答準備してなかった」みたいなことを言っていた。司会者グッジョブ!!)→トークが終わったところで一度出演者はける→フォトセッションのため再び丸ちゃんを除いた出演者と着ぐるみの「タマ」が登場→鍵モチーフのパネルを出演者が持ち、撮影(丸ちゃんいないver.)→再び丸ちゃん登場→丸ちゃんいるver.の撮影→最後に後ろのカメラに向かってお手振り撮影→退場。なんと客席の間を通って!!

 

そう!!なんと退場する時は私たちの座っている座席横を通って退場したのである!!ステージ下手側に座っていた私たちは出入り口に近かったため、丸ちゃんがこちらへと歩いてくるにつれドキドキ!!前5列はあったので距離にして6、7メートルくらいはあったかもだけど、かわいい丸ちゃんのお顔が一瞬拝見できたのでした……。ハピネス。

結局18:30に開演してからフォトセッションとトークを挟み、映画の上映が始まったのは19:15すぎだった。終了は21時ごろ。

 

印象的だったこと

宮川大輔さんが丸ちゃんのことを「マル」って呼び捨てにしてるのがなんか耳に残っている。「マルちゃん」じゃなくて「マル」なんだー、って。距離近いな!みたいな。

宮川さんといえばイッテQで手越くんと息ぴったりの絡みをしてるから、ジャニタレにも容赦がないのかも(笑)

 

あとは「十祭」の「いっこにこにこ」演奏後に照れながら言っていた「恐悦至極にございます」ワードがこの試写会でも聞けたのが嬉しかったな。登場した時はちょっとおちゃらけてた感があったけど(それでも照れながら)、全体を通して緊張気味でほっぺふっくら、ほわほわした丸ちゃんだった。

そして会場のオレンジ率の高さw もちろん私も着て行ったわけだけど、オレンジのトップスにオレンジのガウチョパンツ、オレンジのカーディガンにピアスにバッグにとオレンジづくし!!試写会に行ったのが生まれて初めてだったので、まるたーが集まるとこうなるんだな〜と改めて感心した。

あ!、あとフォトセッション中に丸ちゃんが何回か汗を拭う仕草をしていたのだけど、その度に悲鳴が上がっていたのも記憶に残っているw 仕草ひとつでこんなにリアクションが返ってくるなんて……、もうさすがとしか。そう思うと、ステージに近い席がFC枠なのも納得。会場を盛り上げるためにはファンが必須なんだなあ。

 

f:id:shake_kr:20170922123004j:plain

着ぐるみのタマがお見送り

映画の上映も終わり、会場を後にしようと出口へと歩いていたらフォトセッションにも参加していた「タマ」が出口前でお見送りをしてくれていた。めっちゃ発色いいw できたて感よ。エイターさんたちがこぞって写メを撮っていたのでした。

 

あーー、今日という日も丸ちゃんはめちゃくちゃ可愛かったのであった。

あっ、今ジャニーズWEBをみたらさっそく試写会イベントレポが上がっていたので、チェックしておいた方がよさげ。結局公式のレポが一番知りたいこと書いてあるから。。あとで読もう。

 

『泥棒役者』の映画自体もとってもとっても面白かったので、差し障りない程度に感想を次の記事で書く!!

『奇跡の人』期間限定盤の「METROCK」特典映像について語りたい!!

意外と冷静にみれた「METROCK」映像

忘れることのできない2017/5/21。エイトが初めて野外フェスに参戦したあの日、私は自宅で彼らの出演時間を何度も何度も確認しては数分おきにTwitterでレポを漁っていた。そんな、エイターみんなが大興奮だったであろう「あの日」の映像が、ついに円盤になった。

「期間限定盤」と銘打って発売された「METROCK映像つき」のパッケージは、何故か9/21までの期間限定出荷。だのでもしこの記事を読んで頂き興味を持たれた方がいるとするのなら、急いで手に入れてほしいのでありまする。今日はそんな思いで書こうかな。えらいギリギリになってしまったけど……。

 

私はこの映像を見てやっぱり感動したのだけど、ジャニーズの野外フェス参戦っていうのはTOKIOが2014年のサマソニに出演した以来だったので「関ジャニ∞のMETROCK初登場のニュース」はワイドショーを始めとする各メディアやミュージックステーションなどでも取り上げられていて、かつ会報だの雑誌だのでも露出があったため円盤が発売される頃にはすっかり「過去」の扱いになっていた。私の中で。まぁそうだよね、出演日が5/21で、円盤発売が9/6だから……。なので、もちろんワクワク感もあったのだけど、大興奮!!というよりはじっくり落ち着いて映像をみることができた。

 

いつもと違う客層、会場、シチュエーション

野外フェスなんだからいつもと違って当然は当然なんだけど、やっぱり青空の元でバンドをやってるエイトは新鮮だった。ドームと違って2階席もないし、お客さんはペンライト持ってないし、ましてや太陽が出ているし。何もかもが違うシチュエーションで必死こいて演奏している姿は、いつもとは一味も二味も違うカッコ良さだった。

 

なによりすばるくんの瞳が印象深い

METROCKの映像をみて1番印象に残ったものを挙げるとするならば、私はすばるくんの瞳かなぁ。エイトがいるステージから空まで遮るものが何一つないから、すばるくんがちょっと上の方を眺めるだけで、その真っ黒い瞳に空の雲がくっきりと映ってまるでガラス玉のようになっていたのが忘れられない。他のメンバーは特にそうはなっていなくて、多分の瞳の色の違いも関係しているのかもしれないけど、すばるくんの瞳は特に大きくて真っ黒だから時折遠くのお客さんを見ているのかなんなのか、歌いながら体を大きく傾ける時に空の色が瞳に映っているのよね。透明な青になってるの。

あー、本当に野外フェスなんだなぁって、まんま普通の感想だけど、その当たり前さを改めて感じた瞬間だった。

 

丸ちゃんのポカシーンもかわいらしい

我らが丸山隆平がやってくれた例の「演奏順間違いのシーン」も入っていて嬉しかった(笑) このシーンは2017/5/26のMステで解禁されたからその後Twitterでも拡散されていて私も幾度となく見ていたのだけど、やっぱり手元に残るのは嬉しい。“マルがやらかしよった!”って表情になっているメンバーをみるのも面白いけど、その後の大倉くんの笑顔からのフォローがなんかめっちゃいいんだよなぁ。誰もマイナスな顔をしてないところがとっても良かった。

髪の毛が短いからなのか何なのか、METROCKの丸ちゃんはいつもよりちょっと幼くみえてとっても可愛かった。

 

見終わった後も

実際のMETROCKで披露された10曲のうちの5曲が収録されている「期間限定盤」だけど、見ていたらあっという間に終わってしまった。もちろん編集されている部分はあるにせよ、アウェイの場を必死に駆け抜けた「あの日」が綺麗におさまっていた。繰り返し繰り返し映像をみて、落ち着いた心境の中「エイトが楽しそうで良かったなぁ」って本当に思った。

 

私はすばるくんの瞳に映った空が印象的だと書いたけど、見ていたDVDをしまおうとディスクを取り出してびっくり。ディスクのデザインも青空だったんだよね。円型で、薄い青色をしていて、まるですばるくんの瞳に映っていた空の風景が転写されたみたいだった。エイトたちが見ていたあの日の空は、こんな感じだったのかなぁって思った。最初にケースから取り出した時は何とも思わなかったのに、映像を見た後だとこんな部分にも興味が持てるんだね。不思議。

 

……とまぁ色々書いたのでもう終わるんだけど、果たしてこの記事は「期間限定盤」のプレゼンになったのだろうか?手応えはあんまりないけど、このパッケージはあと2日で出荷停止になってしまうので少しでも多くの人に行き渡ったらいいな。

『泥棒役者』の完成披露試写会に行けることになったぁぁ!!!!

f:id:shake_kr:20170915145811j:plain

うわあああああああ

すっかり忘れていた当落。Twitterでもそんなに多くの人をフォローしてなくて当落の情報なんかTLに全然流れてこなかったので、今朝リビングのテーブルに置かれていた私宛の封筒を見てびっくり。映画『泥棒役者』の完成披露試写会招待状だよ!!!!!!!まじかああああ!!!ありがとうワニブックス!!ありがとう+act.!!生きてて良かった!!!! +act.を買っていなかったら、このキャンペーンも知らなかったし当たっていなかった……感謝感謝感謝。

さっそく寝ぼけてた頭を叩き起こして、試写会応募に協力してくれていた同僚にLINEで報告。喜びを分かち合ったのだった。本当に別冊+act.を買ってよかった……ちなみに「『別冊+act.』がとっても良かった件(※多少ネタバレあり)」って記事で雑誌の感想を綴っているので興味のある方は読んでみてください。そして書店へ。(本誌宣伝)

 

勢い余って「『泥棒役者』完成披露試写会キャンペーンに応募してるけど当たる気がしない」って記事も書いたけど、報われたな(;ω;)ツイてる……。会場もなんか最近よく行ってる方面だし、あのエリアは私にとってのパワースポットなのかもしれない。。

 

ギリジンに会えるのも嬉しい

高校生の時にクラスメイトとやたら盛り上がった「ラーメンズ」。このラーメンズ片桐仁さんも登壇予定なんだよね!!「ラーメンズ」っていうのは舞台を中心に活躍するコント師、っていうかもはやそんなくくりでは紹介できないくらいのエンターテイナーな2人組なのだけど、昔好きすぎてDVDを見まくったがためにMacBook Proを1台ショートさせてしまった経験がある。ずっと見てたら熱がこもりすぎてしまってPCが落ちてしまい、そこから電源が入らなくなってしまったのだ。でも今やラーメンズのコントはYouTubeで公式に見られるのだから時代も変わったものだな。。

私は実際にラーメンズの舞台を観劇したことはないので、これが初・ナマ片桐さん。嬉しい!!しかも(?)丸ちゃんと片桐さんは誕生日も1日違い。だから何?って(笑)調べてて「おっ」と思っただけw

 

なに着てく?お手入れどうする?

これこれーー!!まさかコンサート以外で身なりを気にする日が来ようとは。どうしよう〜〜、オレンジを交えつつ、自分に似合うカラーの洋服で行こうかな!パーソナルカラー診断行っててよかった〜〜!!そしてちょうどルミネの10%OFFを利用して化粧品も新調しようと思っているので、下準備はちゃんとしていくぞー。フェイシャルの予約もした(笑)我ながらこの行動力は褒めたい……。ルミネの取り置き品を早く買いに行きたくなったのであった。今週マツエク・美容院とメンテ週にしてて良かった!!ただネイルは来週末に行くので新柄は間に合わない(><)ぐうう。

楽しみが止まらないのである。

 

丸ちゃんインタビューの雑誌もチェックしないと!

<9月12日(火)発売>

・ぴあ Movie Special 2017 Autumn ¥1,015(インタビュー)

・CINEMA SQUARE Vol.95 ¥900(グラビア&インタビュー&ロングピンナップ)

<9月15日(金)発売>

・QLAP!10月号 ¥789(表紙&グラビア&インタビュー&片面ピンナップ)

(↑)値段はAmazon参考だけどあってるのかこれ? 

『QLAP!』は私の大好きな「音楽と人」出版なので買うしかない。『シネマスクエア』はちょっと盲点だったな!ロングピンナップ次第かなあ。ちなみに今日は『月刊Songs』10月号の発売もある……いっ、いそがし!!忙しなあ!!

うわーー今Twitterで『QLAP!』調べたらおすまし丸ちゃんだったぁぁああと『シネマスクエア』の「ロングピンナップ」って3つ折りグラビアってことか!!目がぁぁ><忙しい><>< どうしよう調べれば調べるほど頭が単細胞になっていってマトモな文が書けなくなる。

 

今後発売予定の雑誌

<10月5日発売予定>

音楽と人 11月号(「ジャム」レポ)※10月号記事内に予告あり

<10月18日発売予定>

・PICT-UP 109号(『泥棒役者』丸ちゃんインタビュー)※108号記事内に予告あり

それぞれ記事内で予告のあったこの2誌はおそらく特集があると思ってていいはず。今日発売の『月刊Songs』と来月の『音楽と人』は共に「ジャム」レポメインだけど、各誌の写真とレポートの違いが楽しみかも。

それにしても、最近の雑誌購入で地元の書店に行きすぎているのでいよいよポイントカードを作った方がいいのかもしれない。。考えよう。

 

とにもかくにも

完成披露試写会にご招待頂いたからには、絶対にこれから風邪をひけないのである。健康第一。あと事故ってもいけない。絶対に万全の体調で、クリアな視界とメモリギャン積み(予定)の脳みそに丸ちゃんを焼き付けなくてはいけないのだ……。

というわけで頑張って生きようと思います!!!!