バラエティからハマったしゃけエイターのブログ

2015年5月から関ジャニ∞にハマった人のブログです

幅広い年齢層が観ていた『泥棒役者』@新宿TOHOシネマズ11/19ぷちレポ(ネタバレなし)

f:id:shake_kr:20171120151903j:plain

観てきたニャー!

公開初日ではなく翌日19日に映画『泥棒役者』を観てきた。映画のネタバレなし感想は「映画『泥棒役者』を試写会でみて感じたこと」という記事で書いたので割愛するとして、私が行った映画館では客層が自分の予想に反してすごい幅広い年齢層だったのが面白かったのでそれを記録しておく。

 

場所は新宿のTOHOシネマズで、14:00〜上映の回。およそ90席ほどの小さいスクリーだったのだけど、番号が「8(エイト)スクリーン」だったのでなんだか気分が良かった(笑)。この回、なんと座席は完売!販売開始時間にアクセスしてネットで席を押さえておいてよかった〜と思った。その次の回も私が映画館に訪れた時には「座席数残りわずか」になっていて嬉しかった。

 

一番後ろの席を確保していたので周りの様子がよく分かったのだけど、確実に60歳以上であろう老夫婦や50代ぐらいのおじさまが1人で来られていたりと、ほぼほぼまるたーで埋まると思っていた座席はかなり年齢層の高い方達で埋まっていた。といっても、私も50代の母とパパとの3人で来ていたので確実に平均年齢を上げていたのだけど……w

年齢層の高い方々は市村さんがお目当てだったのだろうか?

 

年齢は様々でも笑う箇所はおなじ

コミカルな展開に周りからはクスクス、そして耐えられなくなった笑い声が場内に響いて私は内心(あ〜これこれ!!)と思っていた。試写会でもまんまこの感じだったからだ。そして物語の後半には若い子(10〜20代)がリビングでテレビを観ているかのごとく大爆笑していたのでそれには思いっきりつられた(笑)笑い上戸の人と観に行ったら本当にお腹を抱えそう。

 

そして笑いもあれば涙もありで、隣の席で観ていた母も終盤にはグズグズになるほど泣いていた。そして私も泣いた!試写会の時は「とにかく目に焼き付けなくちゃ!!」と気を張っていたのか涙するシーンはほぼなかったのだけど、丸ちゃんがどこかの雑誌で「観るごとに感情輸入する人物が変わっていく(要約)」と言っていたように初めて石橋杏奈ちゃんのとあるシーンで涙した。やっぱりはじめちゃんが主人公なんだけど、他の登場人物も色濃いので自然とはじめちゃん以外の人にも心が重ねていけるんだなあと思った。

そして映画館だとやはり音響がいいのでより世界観に浸れてジーンとした。と同時に、意外と静かなシーンが多かったんだな!とも思った。試写会は割と環境音も耳に入ってきたので……。雑音のないクリーンな環境の劇場いっぱいに広がるはじめちゃんの「そうですぅ〜〜」の声に、あ〜本当に映画が公開したんだなー!ってワクワクした。

 

映画ランキングでは初登場4位

今朝のニュース番組『ZIP!』で発表されていたのだけど映画『泥棒役者』は4位にランクインしていた。みんなが18・19日に観に行ったのが反映されているのかも。そのうち映画を観てからご飯、なんてオフ会も増えるんだろうなあ。

幅広い年代にも愛される映画だと分かったので、まだまだ伸びて欲しいな。私もまたムビチケを買おうっと!映画の内容はもちろんだけど、同席した見ず知らずの人とあの笑いを体感できるのが面白くて好きなので、それ目的になってしまいそうだけどw

 

ちなみに(こぼれ話)

これは試写会の時に西田監督ご本人がバラしていたのだけど、ユースケ・サンタマリアさんが「映画に出てくる自分の顔色が悪すぎる」とちょっと文句じみたことを言っていたら、監督がさらっと「実はちょっと緑色を足しました」と暴露w この時は映画を観る前の段階だったのでその場は驚きに包まれて終わったのだけど、いざ映画が始まったらユースケさんが登場する度に笑いが起きて試写会場はヤバかった(笑)

なので2回目以降観に行かれる方は、ユースケさんの顔色の悪さも是非チェックして頂きたいなと思う。なんでこの話題ネットニュースに載らなかったんだろ?w

 

 

今週は木曜が祝日なので嬉しい!ヨコちゃんが頑張っている『ヒルナンデス!』をリアタイしなくっちゃ。そしてHDDに撮り溜めている番組も早くどうにかしなくっちゃ。忙しなー!!

 

(追記11/22)

ムビチケって無限に買えると思ってたのに違った!前売り券だった!

「応答セヨ」× 泥棒役者 スペシャルコラボ映像が良すぎた

いよいよ明日18日公開!

f:id:shake_kr:20171117190614j:plain

ついについに、我らが丸ちゃんが主演を務めた映画『泥棒役者』が明日公開!早いなあ。。9/22に試写会に行ったのがまるで昨日のことのように感じる。

 

で!、公開に向けて情報がどんどん解禁される中、最近映画公式サイトにアップされた『主題歌「応答セヨ」× 泥棒役者 スペシャルコラボ映像』がとってもとっても良かったので、是非映画を観る前にみて欲しいなと思い記事を書いている今です。 

↑コラボ映像はこのリンクから。

 

私は『応答セヨ』のMVをみた時とこの映像をみた時とでは全然感じ方が違ってまさに「目から鱗」状態だったのだけど、そんな風に感じた人って他にもいるのかなあ。もう、全く別モノって感じだった。歌詞はリンクしてるのに。というのも、私はCDを買った日からMVを何回も何回もみていたので映像が頭の中に刷り込まれてしまっていて、『泥棒役者』の主題歌だというのにちょっと映画の影が薄くなってきてしまっていた。なので、改めてコラボ映像をみた時に「この歌って本当に映画のことを考えて作られたんだ!」と心から思った。

 

やっぱり1番最初にはっとさせられたのは冒頭の “つまずいてばかりの僕を” の部分で、歌詞と丸ちゃんが演じるはじめちゃんが現れた時に「あ!」って、まさに「あ!」って気がついた。そして次に映し出された恋人役の高畑充希ちゃん(美沙)とはじめちゃんのデートシーンと“君だけは笑わなかった”の文字をみて、うわああ!って納得。まさに、まさにこの2人を想って創られた歌詞じゃん!すごく物語とリンクする!!!って思った。遅いよね。。でももうそれだけで心を掴まれてしまって、そこからは映像にのめり込みっぱなしだった。

 

もともとMVの世界観も好きで、荒野と子役のりゅうせいくんの格好がなんかドラクエっぽくていいな〜ってそんなふわふわした感想だったのに、歌詞をま   ったく意識していなかったから今頃「そうか!!」って気づく……。おおお遅い……。(普段から歌詞全然みない)

でもでも、このコラボ映像をみていたら映画の終わりにエンドロールで『応答セヨ』が流れた時に絶対にはじめちゃんと美沙のことがフラッシュバックするので、歌と物語が繋がってると分かったらよりこの曲に思い入れができると思う。ーーとはいえ、最近発売された雑誌では丸ちゃんが「この曲を聴いて誰を当てはめるかは聴いた人に委ねる」と言っていたので(あくまで要約)、もちろんその辺の解釈は自由でいいのだろうけど。

 

ちなみに

f:id:shake_kr:20171117190617j:plain

みんなの「抽選セヨ」の結果も気になるのでまずは自分の結果を載せておく。私はステッカーとミニクリアファイルでした!(・ω・)かぶらなくてラッキーだった。

フラゲしたかったので14日に引き取りに行ったんだけど、お店に行ったらすでにエイターさんの列ができてて「店頭引き取りってこんな感じなんだ!!」って新鮮だった。なにせいつも通販しているので。

 

f:id:shake_kr:20171117190621j:plain

ってか、ミニクリアファイルってミニすぎない……?思ってた大きさと違った(笑)なんじゃこのサイズ。。

 

f:id:shake_kr:20171117190625j:plain

もはや小さすぎて当たったステッカーと歳末∞くじとかを入れておくためだけのものになっているよ。今のところ使い方をこれしか見出せない。

 

最近は丸ちゃんの番組出演ラッシュと仕事で手一杯

もう、最近はまさにこれ。すでに11月も17日経過しているというのにまだ3記事目だ。スピード感がなくなってしまった。。いやもう仕事が充実しすぎていて、逆になんで今までこんなにブログ書いてたんだろうって感じ。笑 アウトプットしたかったのかなあ。

やはり冬に向けてイベントの打ち出しが多いのと年明けに発売するものの準備期間ということで今忙しいのかも。そしてテレビ番組を追いかけているので忙しい。どちらかというと後者の方が気持ち的には忙しいな。うん。コンサートがない分、テレビで丸ちゃんを観て元気をもらってるって感じ。素敵なことだ。会わなくてもエネルギーをもらえるだなんて何てこと。アイドルってすごいなあ。

 

明日は映画初日舞台挨拶 

丸ちゃんは明日始発で大阪に移動してサタプラの生放送を終えた後、また東京に移動して舞台挨拶だね。そして次の日は大阪の舞台挨拶だからまた同じ日に移動だ。移動づくしで大変。。

結局舞台挨拶は当たらなかったというか実はキャンセルになっていたのにそれに気がつかなくて応募すらできていなかったという状態に相当落ち込んでたんだけど、まずは無事に公開初日を迎えられて良かったなと思う!ライビュの時間は出れないので私は翌日19日に映画館へ足を運ぶのだけど、先日ラジオで西田監督が言っていたり丸ちゃんも大切な日で言っていたりするように映画の「公開初日」と「その翌日」の動員数が大切だということなので、是非予定の合う方はこの2日間のうちに観賞を♡(宣伝)

 

きっと、明日と明後日は日本中が『泥棒役者』を観た人の笑い声に包まれるね。素敵な週末になりますように。

ジャニーズが公式SNSをやっていなくて良かった

72時間ホンネテレビ

11/2の21時〜11/5の21時までAbemaTVで生配信された『72時間ホンネテレビ』。みましたか?私は一秒たりともみてないんだけど、その反響やら内容やらはかなり話題となっていたのでもはや番組をまったくみていない私ですら何をやっていたのかが分かる状況にある。本当にすごかったみたい。

私としては、新しい地図の3人が新境地で今までにないことにチャレンジしているのはすごくすごく応援したいんだけど、今回の企画を受けて少し思ったことがあるので記録しておこうと思う。

 

まっ、言いたいことはタイトルの通りなんだけど、Twitterでもこの企画に対しての感想がそこらじゅうで飛び交う中、こんなツイートに巡り合った。

この意見はちょっと地図の3人を前半悪く言い過ぎだとは思うんだけど(彼らは演出「されている」に過ぎないと思うので)、後半部分についてはとっても同意できる。正直、自由すぎるのも考えものだな!!、と思った。

 

 この意見にはまるっと同意。もちろん始まったばかりの今はその目新しさについていけず免疫がないせいで拒否反応が出ているだけなのかもしれないけど、もし自担である丸ちゃんが公式Twitterを始めたら、自分は素直に喜べるのかなあ?と思った。

 

手が届かないからこそ

エゴサの鬼だからもちろん丸ちゃん本人はTwitterアカウントは持っているだろうし、SNSはプライベートで使いこなしているかもしれない。でも、完全に公式として世の中に出てしまったら……。私はファンからのリプの多さに引いてしまうかもしれないし、一般人のツイートにfavoを押してたらもしかしたら妬んでしまうかもしれない。アンチが毎日汚い言葉をリプしてきたらと想像してしまうだけで嫌な気持ちになるし、エゴサするまでもなくありとあらゆる情報が本人に届いてしまう環境に嫌気がさしてしまうかも……と思った。

公式メディアが「Johnny's WEB」に絞られているからこそ、そこでの発言一つ一つが貴重になるし、会報や雑誌インタビューの存在価値があるように思う。本人が日々何を思い、何を感じているかも知りたいけど、わずかな情報の中から想像するのもとっても楽しい。本当に、今ぐらいの感じがちょうどいいなと思う。

 

もちろん地図の3人を否定するわけじゃないけれど、私だったら公式SNSの存在は耐えられないかもしれないなと思った。

 

さらに一つ疑問がある

今回もっとも「大丈夫かこれ……」と思ったのは、吾郎ちゃんの結婚披露宴企画。これ、ファンの方からしたら、いくらコンテンツの一つだったとしても本当に楽しめたのかな?と思った。みれるの?この企画。“もしもの結婚式”という内容だったみたいだけど、いやはや、私だったら見れないな。。稲垣担の方はかなり複雑な気持ちだったと思うのだけど、どうなんだろう……。考え過ぎなのかなあ。

 

とにもかくにも

「見てないくせにコメントするな」という感じかもしれないけれど、ざっと放送内容を知ってしまったら気持ちを整理したくなったのでブログを書いた。

いつのまにか、「ジャニーズ事務所」というブランドだったりタレントの在り方に慣れてきてしまっているのかもしれない。見えない部分は勝手にいい方向へと補うもんね。そうやって、知らず知らずのうちにタレントを特別な存在へと「ファンが勝手に」仕立てているのかもしれないなあと思った。

でもきっと、それでもいいよね。