バラエティからハマったしゃけエイターのブログ

2015年5月から関ジャニ∞にハマった人のブログです

はてブロにちょっと慣れて分かったこと

ブログ勢がいることの喜び

はてブロを始めようと思った時、Twitterに比べてやっぱりブログは過疎ってるんだろうなぁとは思っていたんだけどゼロではなくて安心した。実際、はてブロを使ったのは人生で初めてだけど書きやすさと管理のしやすさは過去に使っていたブログサービスより圧倒的にいい。PCでもアプリでも更新・編集が可能なので、いつでもどこでも好きな時に書き溜めておけるし。なにより、“Twitterの投稿規制140文字じゃ足りない”と言う考えの人が自分の他にもいて良かった。もちろんTwitterTwitterで使う用途がまた違うので、そのものを否定しているワケじゃないけど。

そして、はてブロにおけるエイター人口はそりゃあTwitterと比べるまでもないけれど、だからこそ色々なファンのブログが読めて楽しいのもブログの醍醐味かなと思える。

 

「ジャニーズ」カテゴリを読み漁るのが日課になりそう

はてブロは、自分のブログを公式グループに紐付けすることができる。はてブロ公式の「ジャニーズグループ」を覗くと、世代も担当も違う人たちのブログが読めてすこぶる楽しい。コンサートであった嬉しかったことやジャニーズにハマったきっかけ、中には担降りの話などなど本当に幅広い話題が存在する。

正直、facebookやらLINEのタイムラインやらで知り合いの日常とかをみるより遥かに楽しいのだ。好きなことに熱中してる人のブログって、まーーー幸せそうで楽しい。読んでいてこっちまで楽しくなる。文章の脈絡がなくたって、支離滅裂だっていい。なおのこと興奮具合が伝わる。いいな〜って思う。そんな人がたくさんの文字を使って一生懸命ブログを書いていると思うと、ぜひまた更新して!!と思う。

 

使っていくうちに「星」も重要なツールだと感じるようになった

最近、特に強く感じたのはこれ。私もブログを続けていくにつれ、ありがたいことに読者が増えているのだけど大半が業者で悲しいなあと思っていた。誰がこのブログに興味をもってくれたのだろうと思って読者さんのブログにお邪魔すると、<お金の儲け方!>とか<1ヶ月で○kg痩せるには?>とか、業者かーーーい!!って思うような記事ばかり。その時私は気づいた。私は今まで記事のフッターについている「星」をつける機能を、そんなに重要視していなかったのである。なぜならブログの「読者になる」ことで、“私はあなたのブログが好きです”と言うアプローチになると考えていたからだ。それは大いに間違っていたのだと思った。気づいたのだ。これだけ読者がいたら、埋もれるやーーん!!、と。「読者になる」アプローチまったく意味ねえ。びっくりした。

なので最近は、いいなと思った記事には積極的に星をつけるようにしている。もちろんエイターさん以外のブログにも。ブログ畑が枯れてほしくないので。(まぁ中には星をつける業者も少なくないけれど)読者登録よりは分かりやすいのかなと思う。

 

はてブロのジャニヲタさんとは相性がいいと思っている

今やブログサービスってたくさんあるけれど、なんとなくそのサービスによって書き手の性格が分かれると言うか……似た者同士が集まると思っている。アメブロとかFC2あたりは絵文字・顔文字多用でテンションが高い人が多そう。まったく個人の見解だけど。LINEブログはもっと若い。その点はてなブロガーさんはある程度落ち着いている人が多いと思う。私にとってははてブロ民がとっつきやすい。

最近アメブロでは記事毎にハッシュタグがつけられるようになったので同じ話題を書いている記事をみつけやすくはなったけど、FC2では登録カテゴリーが「アイドル・芸能」くくりでジャニーズ記事だけの最新一覧!ってのはない。はてブロはジャニーズと言う見たママの分かりやすい独立カテゴリがあるので(はてブロ内の)ジャニーズブログ人口も把握できるし、初めはブログを<書く>ことで消化していた私もブログを<読む>ことも毎日の楽しみと分かってきたのでブログサービスの同志人口は大切だよね。分母が大きいとそれだけ安心感があるので。

 

……長いな。以上、はてブロにちょっと慣れて分かったことでした。尻切れトンボ感はあるけれど終わります。