バラエティからハマったしゃけエイターのブログ

2015年5月から関ジャニ∞にハマった人のブログです

『奇跡の人』を聴いて思ったこと

f:id:shake_kr:20170911143809j:plain

ぽやぽやのイントロが心に沁みる〜〜

今更だけど『奇跡の人』の感想を。歌番組でもコンサートでも聴いていたはずなのに、やっぱりイヤフォンを通して自分の耳元で聴くと改めていい曲だなあと思った。『奇跡の人』をフルコーラスで聴いたのは今回のツアーが初めてだったけど、どの現場で聴いても、6分っていう時間がすごくコンパクトに感じた。それくらい、すーーーっと心に入る曲だった。

 

『奇跡の人』といえば亮ちゃんが主演を務める『ウチの夫は仕事ができない』のエンディング曲で、毎回ドラマ内で繰り広げられるゴタゴタ、ドキドキ、ドタバタを経ての「めでたしめでたし」な展開のあとにこの曲が流れるから、毎回「あ〜、解決して良かった良かった」ってあったかい気持ちになるのだけど、それと同じで先週は週の後半がもう忙しすぎて毎日毎日夜遅くに帰宅していたものだから、日付が変わるか変わらないかくらいの時間に帰りの電車に揺られながら『奇跡の人』がiPodから流れてくると、ほんわかしたイントロにぎゅ〜〜っと心がほぐされたような気になって、精神的にもクタクタになっていたんだけど「ま、こういう日もあるよねー」ってなんか前向きになれた気がした。

私はデザイナーという職業柄、いわゆるつかポンの会社のようなところから発注されてデザインを納品していくのだけど、クライアントの意向で2転3転することもあるし、予め組んでたスケジュール通りにいかないこともあって(今回がまさにそう)、修正がかさむことも多い。かといって、つかポンの会社みたいに夜通し作業して今日は帰れません、みたいなことはないけど……。あの会社怖いよね……デスクトップの壁紙くらい好きに設定させてほしい……。って感じで、なんとな〜〜く勝手に芽生えた親近感もあって、余計にこの歌の優しい部分に浸れた感じがしたのだった。

 

世代を超えて聴ける歌

やっぱりさだまさしさんとのコラボってすごいんだなぁと思った。というのも、ジャニーズに一切興味のないうちの母親でさえ「今回の関ジャニの曲って、さだまさしがつくったんだよ〜」と教えると「あ、それどこかで聞いたわ」と返ってくるからだ。おそらくニュースか何かで得た情報なんだろうけど、「さださん」っていうキーワードがあるからこそ、普段エイトのことを気に掛けない人の耳にも残るんだろうなって思った。

 

だいぶ余談だけど、我が家は「さだまさしの歌」といえば『精霊流し』でも『関白宣言』でもなく、『償い』となる。母が昔ラジオで流れたのをカセットテープに録音したものを聴かせてくれたのがキッカケなのだけど(「カセットテープ」 が伝わらない世代はググってください……)、当時小学生?中学生?だった私も3つ下の弟もこの歌にすごい衝撃を受けて、「テープが伸びるからやめて〜(涙)」と母にさんざん言われながらも繰り返し『償い』を聴いていた。ストーリー仕立てのこの歌は「“ゆうちゃん”と呼ばれる青年が、自分が起こした事故が原因で亡くなってしまった旦那さんの奥さんへ、毎月給料をもらうたびに送金をしている話」なのだけど、一度聴いたら引き込まれるので知らない人も是非聴いてほしい。『奇跡の人』とは全然違う暗い物語だけど、話が進むにつれてさださんの歌声がとっても情熱あふれるものになってきて、長い長い歌詞なのに一曲聴き終えるのにその長さを感じないところが似てると思う。ってか、さださんの歌ってほとんどそうなのかも?その他の曲を全然知らないのであれだけど。。

この「さだ節」が引き継がれた『奇跡の人』なら、本当に色んな世代の人に聴いてもらえるんじゃないかなと思った。

 

すばるくんがずるいよね

急に歌詞の話に戻るけど、何がずるいってどう考えたってすばるくんがずるい。今まで「ああしろ、こうしろ。俺もダメなとこ直すから」って言ってた人が、急に老後の話をし始めて、自分の最期にはラブレターを残すからってところがもう……。しかもこのパートを歌うのがすばるくん (´;ω;`)

“死ぬ時手紙を残すから 今でも大好きと”

この部分はすばるくんがいつもカメラ目線でまっすぐに歌ってくれるから、「これが言いたいんだよ」っていうメッセージがストレートに伝わってきて、iPodで聴いていても真剣な眼差しのすばるくんが頭の中に浮かんでくるし、聴くたびに泣きそうになる。。うう。好きです。

 

7人同時レコーディング

ちなみにこの曲は数年ぶりにメンバー全員揃ってのレコーディングだったということで、普段そんなことは全く意識しないのに『奇跡の人』だけは歌を聴いている間についついレコーディング風景を想像してしまう。「誰かが歌うその隣にメンバーの誰かがいた」と思うと、急に扉一枚内側にメンバーを感じるというか、距離がちょっと近くなった気がする。ほんのわずかだけど。曲の最後に入っている拍手も、エイトの拍手なのかな〜?と思ったり。

ささやかなことだけど、こういったレコーディングの小話は想像力を掻き立てるんだなぁと思った(笑)

 

オリコン1位もおめでたいし、昨日は章ちゃんの誕生日でおめでたかったし、なんか新曲発表もあったしで相変わらずどんどん新しいニュースを届けてくれるエイトたちにもう精一杯ついていくしかないな私はw そんな風に思った。ツアーが終わってしまったり、『ウチの夫は仕事ができない』も今週土曜で最終回を迎えるので「土曜の夜にドラマを見て『奇跡の人』を聴く」っていう私のルーティーンが一つまた減ってしまうのも寂しいけど、「これが終わったら次はこれ」って休む暇を与えてくれない騒々しさがとってもいい。次は丸ちゃんの映画『泥棒役者』があるし、その次は亮ちゃんの映画『羊の木』があるし。そして秋からは新番組も始まるし!!忙しな!!

いつまでも寂しさを引きずらず、前へ前へと進むエイトに私もついていくぞ!!

 


通常盤

 

初回限定盤(PV・メイキングDVD付き)