バラエティからハマったしゃけエイターのブログ

2015年5月から関ジャニ∞にハマった人のブログです

曲語り:ギガマジメ我ファイト

PUZZLE

PUZZLE

 
この曲について
  • 曲名:ギガマジメ我ファイト
  • 作詞:上中丈弥、作曲:林田健司、編曲:CHOKKAKU
  • 収録:PUZZLE(2009/4/15発売)
  • 曲の長さ:4分28秒
  • 歌い出し:さあ届け!!(横)

久々の「曲語り」カテゴリに投下かも。最近どうにもテンションが上がらなくって、といっても風邪も引いてるしコンサートもないし各レギュラー番組の放送もこれからだし……という状況なのでしょうがない気もするんだけど、こんな時は聞きたいエイトの曲も結構限られてきてiPodからランダムで流れてくる曲のイントロを聞いては「今はこの曲の気分じゃないんだよなあ」って次の曲へ飛ばしたりする。

一体何が原因でそんなに気分が乗らないのかも分からないけど、あれだけ楽しみにしていた丸ちゃんのラジオ番組も結局聞いていないし先日O.Aされた亮ちゃんのラジオもまだ聞いてないというのが現状。聞く気になれないメンタルなのかなーと思ったりもするけど、エイトのことは毎日考えているのでまだまだ飽きる気はしない。ファンクラブも更新したし。(ようやく入会から1年経つ!)きっとラジオがそんなに得意じゃないんだろうなあという結論です。

 

で、そんなどこか曇りがちな気分であっても、何故かこの『ギガマジメ我ファイト』のイントロが流れてくると「このメロディを最後まで聴きたい」って思ってしまうので不思議。曲の冒頭にあるヨコの「さあ届け!!」って“が鳴り”がまず私の心をぎゅっと掴んでいるのかもしれないけど、全体的にガッツの溢れる歌詞と強くて明るい曲の流れがかなり好きで、これを聞くと知らず知らずのうちに元気になっていく気がする。

「踏ん張ってんだよ」とか「心燃やして」とか、やったるぜ感のある歌詞をそれこそ出だしの「さあ届け」って想いを伝えるかのようにエイトが熱く歌うので、自然と気分が乗ってしまうのかも。しかも「タフブラザー」という言葉が歌詞に入っているので、聞き手にも勝手に仲間意識が芽生えてしまうというか、私にも呼びかけているんじゃないかなあと錯覚してしまって、それでついつい気持ちが動かされてしまうのだ。

 

私は以前にもちょっと気分が落ち込んだ時期があって、その時は亮ちゃんのドラマがやってたことも影響して『奇跡の人』に助けられたのだけど(この記事参照)、歌に勝手に気持ちを引き上げられることって結構あるよなあと思った。しかもごく自然に。毎日聴いてるのに、急に歌詞が頭の中に入ってくることとか。その時々の心の状態によって、キャッチできる部分が違うんだな〜と思った。

その当時は仕事に対するプレッシャーとか単純に体力とか集中力の面が不安定になってしまっていたから、『奇跡の人』のような暖かい曲を求めていたのかもしれないな。それに比べると今の状況っていうのは、熱くなりたいのになりきれないモヤモヤ感というか……どこかにわーっとぶつけたい気持ちがぐるぐる渦巻いているような感覚なので、『ギガマジメ我ファイト』みたいなファイトソングがヒットしているのかも。

早くクロニクルもペコジャニも関ジャムも始まらないかなあ。うずうず。そしてライブも。きっと平常運転になったら、今引いてる風邪もどこかへ飛んで行ってしまうんだろうな(笑)早くそうなりますように!!

 

ちなみにこの曲の発売時はまったくもってeighterじゃなかったのでこの曲が生まれた経緯も何も知らないんだけど、これは恋愛の歌なのか?仕事の歌なのか?ちょっと分からない。。

まっ、本来意図してないところだったとしても、受け手に伝わったのならそれはそれでいいのかな。

 


何気に名曲ぞろいのアルバム。『ギガマジメ我ファイト』は12曲目です。