バラエティからハマったしゃけエイターのブログ

2015年5月から関ジャニ∞にハマった人のブログです

すばるくんの代わりなんていない

先日Twitterのタイムラインに流れてきたGR8ESTツアーでの『NOROSHI』『キング オブ 男!』パート割についての話。あの演出はそういうことだったんだなぁと、記載されていた亮ちゃんのコメントを読んで改めて思った。

↑「流れて気にも」は「流れ的にも」の間違いとその後ツイートあり

 

従来すばるくんと亮ちゃんの2人が歌い、2人が手を取り合う振りの『キング オブ 男!』のCメロ部分は6人体制になってからは亮ちゃんが1人で歌う演出になった。今後の歌番組においてのパート割はどうなるかは知らないけど、今季ツアーではそういった演出だった。

先日書いた『GR8EST』ツアーに参加して感じたことあれこれという記事でもちょろっと触れたけど、初めてそのパート割を聞いた瞬間は「代わりはいないんだな」ってことだった。その答え合わせとも受け取れるこのツイートが流れてきた時、やっぱりそうか〜〜と納得しかなかった。あの手をギュッと握る振りがかなり好きだったのだけど、こうなってしまった以上はしょうがないわけで、聞き慣れた曲をこれからは新しい目線で楽しむことが1番かなと思った。

 

すばるくんの代わりなんていない。本当にそうだと思う。1番隣で歌ってきた亮ちゃんだからこその意見だったんじゃないかなって思う。

『NOROSHI』のCメロ(“もうダメだ”って思った時〜)にしたって、亮ちゃん→すばるくんとなっていたところが全て亮ちゃんパートになるのは自然な流れだなと思った。

 

あー、すばるくんパート歌ってる亮ちゃんは堂々としててカッコよかったなあ。代わりなんていない、っていうのを自分にも言い聞かせているみたいにめちゃくちゃ“錦戸亮”で歌ってた。すばるくんがこう歌ってたからこうしよう、みたいなものはあまり感じられなかったんだよね。それがまたすごく良くて、と同時に少し切なくて、、なんとも言えない気持ちになった。

 

「パート割」という言葉は正直ジャニヲタになってからだし、ファンにならなかったら曲ごとのパート割なんか普通いちいち覚えていられない。でもeighterになってしまったからなあ、誰がどこ歌うって分かってるよね。だからこそ新しいパート割には興味しかなかった。曲が1番盛り上がる「見せ場」の部分は特に。そこを自分の気持ちをストレートに伝えて通した亮ちゃん、まさに最後の関ジャム終わりにすばるくんへ送ったメールに書かれていた通り「これからの関ジャニは僕が引っ張っていきます」という感じだった。これからまた色々な曲が6人体制で歌われるのだろうけど、ますます一人一人の表情も歌い方も見逃せないなと思った。

 

ふう。気になっていたことの一つが分かってスッキリ。終わる。